2022年の調理師免許試験日は?関東地方の開催日

資格&スキルアップ

執筆日2021年11月

2021年度の調理師免許試験が終了した県もあり、2022年度の情報をお待ちの方もいるのではないでしょうか?

2022年度の調理師免許試験はいつ開催されるのか…

関東地方の開催状況をまとめてみましたのでぜひご確認ください。

【この記事を書いている人物】

2年強、小学校の調理補助として働いていた30代の主婦が書いています。

2021年度の調理師免許試験に挑もうとしましたが、第二子出産のため延期。

落ち着いたら試験を受けたいので現在も情報を収集しています。

スポンサーリンク

2022年の調理師免許試験日【関東】

2022年度の試験開催日はいつなのでしょうか。

各県のHPを確認してみましたが、2021年度の試験結果が出ていない地域もあるため、2022年度の情報はまだありませんでした。

調理師免許試験は秋頃が多いですが、夏頃に行われる地域もあるため、募集は春頃から開始されます。

近くなりましたらこまめにHP等で確認してみましょう!

試験対策として模試の募集も開始されることもあるので、希望される方はこちらも併せて確認してみて下さいね。

関東地方の調理師免許試験日を確認するには…

調理師免許試験の日程はお住いの県庁HP等で確認しましょう。

試験は住んでいる地域に関係なく、どこでも受ける事ができます。

調理師免許試験に関する情報については下記に各県の県庁HPを載せておりますのでご確認ください↓

東京都

東京都福祉保健局HP

調理師を目指す方 東京都福祉保健局

神奈川県

神奈川県庁HP

調理師のページ
調理師に関するページです。調理師の資格について、神奈川県にお住まいの方の調理師免許申請、神奈川県知事が交付した調理師免許証の再交付、書換え等についての案内です。

千葉県

千葉県庁HP

調理師の資格を得るために

埼玉県

埼玉県庁HP

衛生試験の御案内

茨城県

茨城県庁HP

調理師に関すること

栃木県

栃木県庁HP

調理師試験・製菓衛生師試験

群馬県

群馬県庁HP

群馬県 - 調理師

調理師免許試験に関してはこちらの記事に詳しくまとめていますので併せてご確認ください↓

調理師免許試験を受けるまでの流れ

調理師免許試験の日程がわかってから試験を受けるまで、どのような流れなのでしょうか。

提出書類と共にご説明いたします。(神奈川県の流れでご説明いたしますので、地域によっては異なる場合がございます)

調理師免許試験を受けるまで
  • STEP1
    試験日の確認

    HPにて試験日を確認しましょう

  • STEP2
    願書の受け取る

    配布場所を確認し願書を貰いましょう

  • STEP3
    願書の提出

    提出場所を確認し願書を提出しましょう

  • STEP4
    試験を受ける

試験までこのような流れになります。

ここで注意したいのが願書!

願書は受け取りも提出も期間や場所が決まっていますので、事前に確認しておきましょう。

願書の受け取り

願書は配布場所や配布期間が決まっているため、貰い忘れのないようしっかり確認しておきましょう。

県外に住んでいて受け取りが難しい場合、願書を郵送してもらえます。

郵送を希望する方は請求方法や必要書類をチェックし、漏れのないよう請求して下さいね。

神奈川県の場合、必要な書類は以下の通りです。

  • A4サイズの書類が折れずに入る大きさの返信用封筒
    (角型2号=240mm×332mmが理想)
    封筒に願書の送付先(郵便番号、住所、氏名)を記載して希望部数分の切手を貼付します
  • 氏名、連絡先(電話番号)、「調理師試験願書○部希望」と記入したメモ

これらを記入漏れなど不備のないよう送ってください。

ちなみに切手の金額は1部¥120、2部¥140、3~4部¥210、5~8部¥250となります。
(2021年11月現在)

9部以上必要な場合は、数に限りがあるだけでなく用途を確認されることがあるため問い合わせが必要です。

送付先は神奈川県の場合こちら↓

〒231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県健康医療局生活衛生部生活衛生課
団体指導グループ調理師試験担当
『調理師試験願書○部希望』 

「○部希望」の「〇」には希望部数を記入します。

注意事項としては、切手貼付のないもの・宛先不明のものは送付されません。

また、着払いはNGです。期日に間に合うよう準備して送付しましょう。

画像:神奈川県庁HPより引用

願書の提出

神奈川県の場合、「かながわ県民センター1階展示場(横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)」へ期限内に願書を提出します。

願書の提出は郵送では行えませんので、必ず本人または代理人が持参して提出して下さい。


(代理人が持参する場合、願書の内容について本人に電話で確認する場合もあります。再受験者で結果通知書および受験票を失くした場合は代理人不可となります。)

不備があると受け付けてもらえないため、「調理師試験のお知らせ」や「調理業務従事証明書の記入上の注意」をよく確認し用意しましょう。

試験の手数料は6,130円で、願書受付の際に購入できます。(神奈川県収入証紙)

【提出書類】神奈川県の場合

  1. 調理師試験受験願書、データ入力票、写真票、受験票
  2. 写真(撮影後3か月以内)
  3. 中学校以上の卒業証書又は卒業証明書(原本※確認後に返却)
  4. 戸籍抄本又は戸籍謄本(発行後6か月以内のもの、原本※確認後に返却)
  5. 調理業務従事証明書
  6. 証明者の印鑑登録証明書(原本:発行後3か月以内)

※卒業証明書がない場合は、卒業した学校か教育委員会に問い合わせ、卒業証明書を発行してもらいましょう。

※卒業証書(卒業証明書)に記載されている「氏名」が現在の氏名と同じ場合は、戸籍抄本(又は謄本)を提出しなくても大丈夫です。

※調理業務従業証明書は施設長が記入する為、自分で記入してはいけません。

※印鑑登録証明書は「調理業務従事証明書」の証明者が、法人名と役職名の両方が入っていない印鑑を使用する場合や、個人の実印で証明する場合などに提出します。

スポンサーリンク

2022年の調理師免許試験日は?【まとめ】

現段階では2022年度の調理師免許試験の日程は未定ですが、春前には決定すると思います。

こまめにHPなどをチェックし、期限に間に合うよう手続きを行いましょう。

不備があると二度手間となってしまいますので準備は念入りに!

実際に調理師免許試験を受けて合格した主婦にインタビューをしていますので併せてご覧ください↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました