雨の日も洗濯物を早く乾燥させたい方必見!方法やポイントを徹底解説!

暮らし

こんにちは!おきくです。

雨が続くと困ると感じる事はありませんか?私は即答でこう答えます…そう『洗濯』

晴れていればザっと干して、カラッと乾いた気持ちいい状態で取り込めますか、雨だとそうはいきません(泣)

「皆雨の日の洗濯をどうしているのかなぁ」と思いながら洗濯をしているおきく。

洗濯をしない!なんてできないし、そうなると洗濯物がどんどん溜まる一方。

また、部屋干しという点も気になりませんか?なかなか乾かない上に、部屋干しのイヤ~な臭いが部屋中に。

そんな悪循環にうんざりしている方も多いのではないでしょうか。

乾燥機があればまた別なのかもしれませんが、我が家には乾燥機がありません。

雨が続き洗濯物が溜まると私のストレスも溜まります(笑)そんな私と同じ状況の方に吉報です!

雨の日でも洗濯物を早く乾かす事が出来る方法を発見しました!

一体どんな方法なのか、徹底解説いたします。

 

 

雨の日も洗濯物を早く乾燥させる方法

雨で外に洗濯物が干せないけど、大量の洗濯物が…

家に乾燥機がないから部屋干しになってしまう。部屋干しって乾きにくいんだよなぁ。

コインランドリーに行くのも大変だし、何か良い方法はないかしら?

 

雨の日の洗濯物って困りますよね~。ジメジメして部屋も洗濯物も嫌な臭いがしたり、なかなか乾かなかったり。

天気の良い日にまとめて!なんて思っても雨が続いて思うように洗えず。

地味にストレスが溜まりませんか?

洗濯物を減らす事もできないし、毎日何かしら洗うものが出てきますよね。

そんな時におすすめなのが『雨の日でも洗濯物を早く乾燥させる方法』です。では、一つずつ詳しくご紹介いたします。

 

扇風機を使用する

この方法は我が家でも実践しています。洗濯物を部屋に干したら、扇風機を洗濯物に向けてスイッチON♪

とっても簡単ですが、何もしないより断然早く乾きます。

扇風機は持ち運び可能なので、どの部屋でも使用する事が出来るというメリットも。

私の個人的な感想ですが、扇風機を使用している方が嫌な臭いも少ない気がします。

仕事の日は洗濯をして部屋に干し、扇風機のスイッチを入れて出勤!という流れが多いです。

部屋全体の空気も循環されるので、おすすめですよ♪

 

浴室乾燥機を使用する

浴室乾燥機があるご家庭はこの機能にお世話になっている方が多いのではないでしょうか?

残念ながら我が家にはない為、とても憧れます~。浴室に洗濯物を干してスイッチオン!こちらの方法も簡単ですよね。

帰宅したら暖かくてフワフワの洗濯物が待っているだなんて…あぁ、とても羨ましい(笑)

洗濯物を乾かしながら浴室の湿気も取れるので、カビ予防にも効果的♪

 

除湿器を使用する

干した洗濯物の下に除湿器を置いておくのもおすすめです。

除湿器が空気中や洗濯物の水分を吸収してくれるので、湿度が下がり洗濯物が早く乾かきます。

部屋の嫌なジメジメも一緒に吸収してくれるので嬉しいですよね♪

水分も臭いもまとめてスッキリさようなら~!

扇風機のように除湿器も持ち運び可能なので、洗濯物の下や近くにセットして水分を逃さず吸収してもらいましょう。

 

エアコンを使用する

エアコンのドライや除湿機能を使用する方法もあります。

エアコンを使用する事で、湿度が下がり洗濯物が乾きやすくなります。

冷房よりもドライや除湿機能の方が湿度を下げてくれる為、エアコンをドライや除湿に設定し、部屋に干してみましょう。

冬など寒い日であれば、暖房もおすすめですよ。

 

組み合わせて使用

上記の道具を組み合わせることでより効果を発揮してくれます!

例えば、エアコン+扇風機なら二箇所から風が当たる為、ムラなく早く乾かす事ができるのです。

より早く乾かしたい!という方はダブル使いを試してみてはいかがでしょう。

 

 

雨の日でも洗濯物が早く乾く条件

道具を使用して早く乾く方法をご紹介しましたが、洗濯はどんな条件があると早く乾くのか…気になりませんか?

衣類の素材によっても変わりますが、基本的に天気などによる環境の影響が大きく関わってきます。

先程の早く乾燥させる方法もこの条件が揃うよう工夫していたのです。

条件が満たされた事により、雨の日でも早く乾燥させることが出来るという訳です。

条件が揃うように環境を整える事ができれば、雨の日だって洗濯物を早く乾かす事が可能。

では、その条件とは一体何でしょう。

 

条件1気温

気温が高ければ乾くスピードもUP。夏は気温が高い為、短時間で気持ちいい位カラッと乾きますよね♪

これを利用し、部屋に干す際も部屋を暖かくするのです!

暖かくなった事で水分が蒸発、それによって早く乾きます。

しかし、雨の日は気温が低くなるので部屋がひんやり。

気温が下がってしまうと乾きにくい為、雨で外に干せない場合は、部屋を暖かくしましょう。

 

条件2湿度

気温とは逆に湿度は低い方がGOOD。湿度が高くなってしまうと洗濯物の水分が逃げられず乾きにくくなります。

確かに、湿度が高いといつまでも洗濯物がジメジメ…臭いも出てきますよね。

部屋で干す際は湿度を低くして干す事がポイントです。

 

条件3空気

空気って何だ?と思う方もいるかと思いますが、この空気もポイント!

空気は、空気の流れを作るという意味です。流れを作ってあげると、洗濯物が乾きやすくなります。

湿った空気が溜まると乾きにくい為、風を当てて空気を入れ替えてあげましょう。

 

 

雨でも洗濯物が早く乾く干し方やコツ

洗濯物を早く乾かしたい場合、道具を使用する他にも方法があります。

道具を使わないでも早く乾くの?どんな方法か知りたいわ!

それは、干し方を少し変えてみるという事。この干し方一つでも乾きがグッと変わりますよ。

既に実践されているという方もいるかもしれませんが、いつも行っている干し方と比較してみて下さい。

また、脱水時のコツも併せてご紹介いたしますのでこちらも要チェック!

 

洗濯物をアーチ状に干す

ピンチハンガーに洗濯物をかける際、どのようにかけていますか?

カゴから手に取った順にどんどんかけているけど、順番って大事なの?

うんうん、わかります!私も適当に取った順でどんどん洗濯物をかけていたました。

何も考えず干しているのでもちろん横から見た時の長さもバラバラです。

同じような方法で行っている方は、写真の様なアーチ状を作って干してみましょう。

長い物を両側にかけ、短い物を真ん中にかけると横から見た時にアーチ状になります。

この形を作るだけで空気が流れやすくなり、より早く乾くというのです。

いやぁ、干し方一つで違うんですね~。いつもバラバラかけていた。という方は順番を意識してみて下さい♪

 

洗濯物をずらして干す

タオルを手すり等にかけて干す時、ピッタリと半分に折って干していませんか?

私も意識している訳ではないのですが、タオルやシーツなどピッタリと半分に折ってかけていました。

しかし、この方法では折った部分の空気の流れが悪く、早く乾きません。

無意識だっただけにガーン。間違った干し方ばかり行っていましたよ…。

均一に折るのではなく、長さを変えて干してみましょう。これだけでも大分変りますよ♪

 

間隔をあけ衣類を密集させない

部屋干しの場合、スペースが限られる為ついギュウギュウにかけてしまいがち。

洗濯物が多いから仕方ない!と言い聞かせたいですが、それでは早く乾きません(泣)

間隔がなくギュウギュウに詰めて干してしまうと空気が通らず乾きにくくなります。

空気が通りやすくなるように衣類の間隔はキッチリあけて干しましょう。

我が家では部屋干しをする際、ハンガーラックだけでは足りないので娘のジャングルジムを借りる事もあります(笑)

「なんでー!」と怒られることもありますが、乾くんですよね(笑)

 

脱水機能を上手く活用する

脱水の時間を長くすることで、余分な水分がブンブン飛んでいきますよ。

我が家でも雨の日はエアジェット乾燥という機能を使用し、通常より長く脱水しています。

素材によってはこれだけでほぼ乾く物も!!早く乾かしたい場合は、少しでも長く脱水をしてみましょう。

また、脱水をする際に乾いたタオルを一枚入れておくのも効果的です。

乾いたタオルを入れる事により洗濯物の水分が減り、より早く乾きます。

ちょっとした事ですが、仕上がりがグンと変わるので是非実践してみて下さいね。

但し、衣類によってはシワや型崩れの原因になりますのでご注意を。

 

早く乾く便利グッズを利用する

洗濯物を早く乾かすための便利グッズも沢山販売されています。

風が通りやすくなるハンガーや、パーカーなどのフードが固定できるハンガーなど実に様々。

場所を取らないよう、コンパクトに収納できるグッズも多数あるので、自宅で使えそうなグッズを試してみるのも良いかもしれませんよ♪

我が家はまだ使ったことが無いので良かったら教えて下さい♪

 

コインランドリーや代行サービスに頼ろう

それでもそうしても間に合わない、乾かない、洗濯物が溜まりすぎていて無理!という場合はコインランドリーに頼ってみましょう。

我が家もあまりにも洗濯物の量が多い場合はコインランドリーに助けてもらっています。

雨が続いたことで溜まりに溜まってしまった洗濯物を一度リセットすると、洗濯カゴだけでなく気分もスッキリしますよ。

コインランドリーが近くに無い…車も無いしどうしよう。

仕事が忙しくてコインランドリーに行く時間がない!

なんて方もいるかもしれません。そんなあなたにおすすめなのが代行サービス。

代行サービスといっても内容は様々。忙しい方の救世主になってくれるでしょう。

 

洗濯代行サービス

『洗濯代行サービス』は洗濯物を詰めて宅配業者に渡すだけ。

その後の洗濯・乾燥・畳み全ての作業を行い、出来上がったものを自宅で受け取ります。

業者により若干内容が異なる場合がありますが、洗濯を代行してくれるという意味合いには変わりません。

最短2日程で届けてくれるので、忙しい方にはピッタリでありがたいサービスですよね。

 

宅配クリーニング

『宅配クリーニング』というサービスもあります。

洗濯代行サービスと似ており、ネットで予約をすると宅配員が自宅に衣類を取りに来てくれます。

衣類を箱や袋に詰めて渡すだけで、後日クリーニングしたものを自宅に届けてくれるのです。

中にはそのまま衣類を保管してくれる所もあり、部屋が狭くて衣類を置くスペースがないという方におすすめです。

 

 

洗濯物を部屋干しすると臭い…原因や防ぎ方は?

洗濯物を部屋干しした時に気になるのが臭い。この臭いは雑菌の繁殖が原因なんだとか。

雑菌と聞くとゾッとしますよね。目に見えない分余計に気になります。

晴れていれば日光消毒で雑菌がいなくなるのですが、部屋干しの場合洗濯物が乾くまでに雑菌が繁殖し、嫌な臭いが。

しかも、この独特な臭いはもう一度洗濯をしないと取れないと言うではありませんか。

では、どうしたら良いのかそれは先程ご紹介したような風通しを意識した干し方や道具を使用する事。

そして、部屋干し用の洗剤を使う事です。部屋干し用に開発された洗剤であれば臭いを軽減する事ができるでしょう。

通常の洗剤しか使っていないという方は是非試してみてはいかがでしょうか。

 

 

洗濯物が雨に濡れたらもう一度洗う?

朝晴れていたので洗濯物を外に干して外出。一日中晴れるのかと思っていたら突然の雨!

こんな経験はありませんか?私はこのような経験がしょっちゅうで、外に干さなければ良かったと後悔する事が多々あります。

洗濯物が濡れてしまうので仕事早退させてください!と言いたいくらいです(笑)

家に帰ると想像とは違うビショビショに濡れた洗濯物が待っている。私の気持ちだってビショビショですよ。

このように雨に濡れてしまった際、どうしていますか?

私はビショビショの場合は面倒ですが再度洗いますが、少し雨に当たった位であれば、そのままにしてしまう事が多いです。

しかし、調べてみると雨にはチリやホコリが含まれていて、想像以上に汚いという事が発覚!

面倒でも洗い直した方が良いようです。今までそのままにしていたのでこれを見てショックを受けました(泣)

せっかく洗ったのにまた洗わないといけないなんて…

そう思った方に朗報です!洗濯物自体に付いていた汚れは洗った時に取れている為、すすぎと脱水のみで平気なのだとか。

雨で洗濯物に付いた汚れはすすぎと脱水だけで落ちるので大丈夫なのです。

雨に濡れてしまった際、また一から洗濯するのは大変ですが、すすぎと脱水だけで良いのであれば気持ち的には楽ですよね。

とは言っても二度手間には変わりありませんので、雨が降りそうだな…と思った時は部屋に入れる事をおすすめします。

 

 

まとめ

  • 雨の日も洗濯物を早く乾燥させたい場合、扇風機やエアコン等の道具を使用し空気の流れを作る
  • 気温・湿度・空気を意識して洗濯物を干せば通常よりも早く乾かす事ができる。
  • 洗濯物を早く乾かすには干し方にもポイントがある。
  • コインランドリーや代行サービスも上手く利用してみよう
  • 部屋干しをした際に出る嫌な臭いは雑菌の繁殖が原因だった。
  • 洗濯物が雨に濡れてしまったら面倒でも、すすぎと脱水だけは行った方が良い

雨が続くと洗濯物溜まり憂鬱に感じる方や、なかなか乾かずストレスを感じるという方は、まず空気の流れを意識してみましょう。

意識する事で、道具の使い方や干し方が変わり今までよりも早く洗濯物が乾くはずですよ。

また、コインランドリーや代行サービスを上手く利用し、雨の日の洗濯を快適なものに変えてみるのもおすすめです。

気になる方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

おきく

コメント

タイトルとURLをコピーしました