調理師免許が必要な場合はどんな時??開業に必要ないって本当?

資格&スキルアップ

飲食店に就職して料理人として働きたい。

将来は飲食店を開業したい。

そう思った時、頭に浮かぶのが調理師免許

調理師免許を取得しなければ料理人としての就職や開業ができないのでは…と思う方もいるでしょう。

しかし、調理師免許がなくてもできるとしたら?

実は調理師免許がなくても料理人としての就職や飲食店の開業が可能なのです。

では調理師免許はどんな時に必要なのでしょうか。 そんな疑問にお答えいたします。

【この記事を読んでわかること】

  • 調理師免許が必要な場合
  • 調理師免許を持つメリット
  • 開業に調理師免許は必要か
  • 調理師免許を取得するには

調理師免許取得を目指している方もぜひご覧ください。

スポンサーリンク

調理師免許が必要な場合とは

飲食店で料理をするには、調理師免許を持っていなければならない…なんてイメージはありませんか?

レストラン等で働いている料理人は必ず調理師免許を持っていると思っている方もいるでしょう。

しかし、実際は調理師免許がなくてもお客様に料理を提供して良いのです。

えっ、調理師免許がなくても料理を提供して良いの?

なんて驚く方もいるかもしれませんが、調理師免許は必須ではありません。

飲食店によっては調理師免許を持っている料理人のみ募集している所もありますが、資格がなくても働くことは可能です。

ではどんな時に調理師免許が必要なのか…気になりますよね。

調理師免許は自分が調理師であることを証明できる国家資格。

調理に関する専門的な知識を習得していますと伝えられる資格なのです。

調理師免許がなくても働けると言いましたが、やはり場所によっては調理師免許が必須の飲食店もあります。

調理師免許を持っているということで安心感や信頼感も持てますからね。

特に学校給食を作っているような給食センターの場合、正社員は調理師免許の保持が条件になる事が多いようです。

料理人として活躍していきたい、キャリアアップしていきたいと思う方は必要になってくる資格でしょう。

調理師免許を持つメリット

資格がなくても働くことができるのならば、調理師免許を持つメリットって何なの?

そう思う方に、調理師免許のメリットをご説明いたします。

調理師免許は国家資格!!

先程もお話ししましたが、専門的な知識や技術を学びましたという証明になるのです。

そのため就職先やお客様に対して安心感や信頼感を与えることができます。

同じ料理人でも調理師免許の有無でお客様に安心してもらえるのはメリットですよね。

また、就職の際の条件で調理師免許必須という場所も多いため就職や転職が有利になる場合が多いです。

採用条件に調理師免許と書かれている場合、持っていないと応募することさえできませんし、持っている事で優遇されることも。

自分の希望する飲食店に就職する為にも持っていて損はないですよ。

スポンサーリンク

開業に調理師免許は必要ない?

飲食店を開業したいけど調理師免許を持っていない…取得しないと!

なんて、飲食店の開業にも調理師免許が必須!と思っていませんか?

こちらも意外かもしれませんが、飲食店を開業する場合も調理師免許は必要ありません。

飲食店の開業こそ調理師免許が必須のイメージだった為、私も驚きました。

では、飲食店の開業には何が必要なのでしょう。

飲食店の開業に必要な資格はこれ!!

調理師免許がなければ飲食店を開業できないなんて思っている方が多いかもしれませんが、なくても開業することができます。

そして、働いてもらう料理人も調理師免許を持っていなくても大丈夫なのです。

誰も調理師免許を持っていない飲食店なんて…と思うかもしれませんが、開業に調理師免許必須という条件はありません。

飲食店の開業に必要なものは「食品衛生責任者」の資格だけなのです。

飲食店など食品を扱う場合、施設ごとに必ず1名「食品衛生責任者」がいなければ営業ができません。

食品衛生責任者はその施設で食品衛生法違反や食中毒などを起こさぬよう管理運営を行うという役目があります。

保健所で定期的に実施される講習会を受講し、お店の安全を守ります。

これがないと保健所から発行される営業許可証が受け取れないため、開業には必須なのです。

名前が似ている「食品衛生管理者」とは異なるため間違えないように注意しましょう。

条件によって「防火管理者」の資格が必要な場合もあります。

防火管理者はお店の収容人数が30名以上の場合必要になりますので、頭に入れておくと良いでしょう。

詳しく知りたい方は「東京都福祉保健局HP」をご確認ください。

調理師免許を取得するには…

持っていて損はなさそうだし…調理師免許を取得したいな

そう考えているあなたに、調理師免許の取得方法についてご説明いたします。

まず、調理師免許を取得するにはある条件をクリアしなければなりません。

その条件とは

  1. 厚生労働大臣が指定する調理師養成施設(調理師学校)を卒業
  2. 実務経験として認められる飲食店や給食施設などで2年以上働き受験資格を得る

このどちらかを満たしていなければ調理師免許の取得はできないのです。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

条件を満たす方法や試験の申込方法、提出書類などについてもまとめています。

調理師免許が必要な場合はどんな時??【まとめ】

調理師免許が飲食店で働く上で必須な資格だと思っていた方には意外だったのではないでしょうか。

私も飲食店の開業に調理師免許が必要ないと知って驚きました。

それなら調理師免許は要らないじゃない…

と思う方もいるかもしれませんが、就職や転職をする場合に調理師免許が必須という所も多くあります。

場合によっては資格があることで有利になったり、優遇されたりすることも。

自分の知識や技術を証明する為の資格として、調理師免許を持っていて損はないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました