調理師免許の格安で効率の良い取り方は?30代主婦が取得に挑戦!!

情報

こんにちは!おきくです。

子育ても一段落したし…そろそろ働きに出たいなぁ。

何か資格が欲しいけど学校には通えないし…

なんてお悩みのあなた!

調理師免許はいかがですか?

調理師免許は学校に通わなくても取得できるのです。

限られた時間で、且つ、あまりお金をかけずに資格を取得する方法をご紹介♪

主婦でも実践可能な調理師免許取得のコツをお伝えします。

この記事は、調理師免許取得に向けて情報収集を始め、学校給食の調理補助として実務経験を積んだ30代主婦が書いています。

【この記事を読んでわかる事】

  • 主婦におすすめな調理師免許の取り方
  • 調理師免許試験の概要
  • 主婦が調理師免許を取得するメリット
  • 免許取得に向けた30代主婦の挑戦物語

この記事を読む事で飲食未経験の状態から2年以上の実務経験を積み、調理師免許取得に至るまでの過程を見る事ができます。

資格取得に挑戦してみようかな☆

というモチベーションが湧きますよ。

(この記事は2021年1月現在の情報です)

 

調理師免許の取り方【子育て主婦におすすめは二択!】

調理師免許はどうしたら取得できるのかご存知ですか?

学校に通わなければ取れない…と思っている方もいるでしょうが、実は通わなくても取れる方法があるのです!

  • 調理師免許の取り方
  • 取得までにかかる期間や費用
  • 主婦におすすめの取得方法

について解説いたします。

調理師免許の取り方は大きく2種類

調理師免許は、調理系の学校を卒業し免許の申請を行うことで取得できます。

しかし、子育てをしている主婦の場合

今から学校には通えないわ…

なんて方が多いはず。

ここで諦めてはいけません!

なんと、調理師免許の取得には下記の方法があるのです。

  1. 調理師養成施設(調理師学校)を卒業する
  2. 飲食店や給食施設等で2年以上の実務経験を積む

詳しく解説していきましょう。

調理師養成施設(調理師学校)を卒業する

こちらは厚生労働大臣が指定する調理師養成施設(調理学校)で学び資格を取得する方法です。

学校を卒業した後、自治体に免許を申請し調理師免許を取得します。

こちらの場合、試験を受けなくても卒業すれば調理師免許が取得可能。

確実に取得したい方や、プロから知識や技術を学びたい方にはおすすめです。

しかし、子育て主婦が気になるのは期間と費用!!

調理師学校は最短1年で取得できる所もありますが、子供を連れて通学はできません。

子供を預かってもらう場所を探さなければ通うのは困難。

気になる授業料も入学金を合わせ100万円以上!!

2年制の場合は200万円以上にもなる為、躊躇してしまう方もいるのでは?!

【メリット】

  • 試験を受けなくても資格が取得できる
  • プロから様々な知識や技術が学べる

【デメリット】

  • 学校に通う期間と費用がかかる
  • 子供を連れていけないので預け先が必要

飲食店や給食施設等で2年以上の実務経験を積む

こちらは飲食店や給食施設などで、2年以上の調理業務経験を経て受験資格を得る方法です。

実務経験を積み、受験資格を得てから各都道府県が実施する調理師試験を受験します。

試験に合格した後、免許を申請し取得という流れ。

働きながら条件を得る事ができるので、学校とは違い費用がかかりません。

もちろん子供を連れては働けない為、こちらも預け先が必要にはなってしまいます。

地域によっては待機児童も多い為、保育園の状況を確認しておきましょう!

【メリット】

  • 学校に通わないので費用がかからない
  • 収入を得ながら条件を得られる

【デメリット】

  • 2年間の実務経験が必要
  • 地域によっては保育園に入れず思うように働けない場合がある

主婦におすすめな調理師免許の取得方法2選

  • 調理師養成施設(調理師学校)を卒業する
  • 飲食店や給食施設等で2年以上の実務経験を積む

という2つの取得方法をご紹介いたしました。

私が、主婦の方におすすめしたい取得方法は「飲食店や給食施設等で2年以上の実務経験を積む」です。

金銭面や通学を考えるとこちらが良いのでは?と私は思います。

そして、現に私もこの方法で取得を目指しています♪

実務経験を積んだら、どのように取得すれば良いの?

これから2つの取得方法について具体的にご説明いたします。

実務を2年積み独学で試験を突破

タイトルの通りですが、実務経験を積み独学で試験に挑む方法です。

調理師免許の勉強法の1つとして「過去問をひたすら解く」があります。

過去の問題や答えがネットでもわかるようなので、試してみてはいかがですか?

過去問だけでは、その意味や理由がわからずモヤモヤする…

という方は参考書と併せて勉強するのも手ですよ!

図書館にも参考書がありますが、情報が古いので最新の参考書が良いでしょう。

実務を2年積み通信講座で試験を突破

独学じゃ続かなそう…なにかいい方法はある?

そんな方は、通信講座がおすすめです。

費用はかかりますが、学校に通う場合を考えると低予算ですよね。

ちなみに、ユーキャンの通信講座の場合『調理師講座』というコースがありますよ。

ユーキャンは6ヶ月で無理なく合格が目指せるスケジュールを組んでいるので安心。

勉強も1日約60分でOK!

通勤や休憩時間など隙間時間を利用して無理なく進められますね。

独学では途中で飽きてしまいそう…という方にピッタリです!!

全4回の添削課題もあるので、提出した答案用紙に講師が的確なアドセンスをしてくれます。

自分の苦手や弱点が克服できるので、自信をもって試験に臨めますね。

1日3問まで質問ができ、勉強が遅れてしまっても受講開始から12ヶ月までは指導してもらえるのです。

テキストや問題集も充実!!

気になる金額ですが、一括の場合、

44,000円(税込み)

送料はユーキャンが負担してくれます。

分割の場合は、2,980円×15回(総計:44,700円)で受講する事ができます。

資料請求は無料なので、気になる方は資料だけでもGETしてみてはいかがでしょう♪

\クリックで簡単資料請求↓/

生涯学習のユーキャン

 

調理師免許の概要【知っておきたい事前知識】

ここからは調理師免許の概要について詳しくご説明いたします。

そもそも調理師免許とは?

調理師免許とはどのような免許なのでしょうか。

調理師免許は調理の技術や食に関する専門的な知識を持っていますよ!と証明するものです。

国民の食生活向上に役立てる事を目的としている日本独自の国家資格

食材に関する知識・栄養に関する知識・衛生に関する知識も含まれています。

私のように調理師免許を持っていなくても、働くことは可能です。

しかし、自分の能力を証明する為、資格がある方が就職の際に優遇されることも。

調理系で働きたい方や、資格が気になる方は持っていて損はないと思います♪

調理師免許の試験開催時期

調理師免許って年に何回開催されているの??

都道府県によって試験の開催時期や回数は異なります。

年に1回の地域もあれば、2回開催される地域もある為、事前に確認しておきましょう。

試験は済んでいる地域に関係なく、どこでも受ける事が可能!

自分が受けやすい時期や地域を選ぶ事がおすすめです。

調理師免許は複数の都道府県でかけもち受験が可能!?

選んだ県で受験後、他県で再度受ける事が可能なのです。

かけもちができるので、効率よく試験を受けられるのは嬉しいですね♪

調理師免許の受験資格

受験資格は原則として以下の2点。

  • 中学校卒業以上
  • 2年以上の実務経験

こちらをクリアしていれば調理師免許の試験を受ける事ができますよ。

調理師免許の受験料は都道府県によって異なる!?

調理師免許の受験料は都道府県によって異なる為、自分が試験を受ける予定の都道府県に確認をしましょう。

(神奈川県の場合は6,130円)

調理師免許の試験科目や形式

調理師免許の試験科目は以下の6科目。

  1. 調理理論
  2. 食品衛生学
  3. 公衆衛生学
  4. 栄養学
  5. 食品学
  6. 食文化概論

試験形式は、筆記試験のみで実技や実習はありません。

原則として全科目の合計点で合否が判定されるようです。

6割以上が合格ラインになるようですが、1科目でも平均を大きく下回る場合は不合格になる事もあるのだとか。

範囲が広いので、実務経験を積んでいてもしっかり勉強をしないと難しいでしょう。

 

調理師免許の難易度

調理師免許の合格率は60%前後。年々難しくなっているという噂もあります。

合格率10%を切るような国家資格もあるので、試験自体の難易度はそこまで高くないでしょう。

しかし、試験の範囲が広い為しっかり勉強をする必要があります。

調理師免許の受験申し込み方法

調理師免許の申し込み方法は都道府県によって異なります。

自分が受ける都道府県の申し込み方法を必ず確認してください。

ちなみに神奈川県の場合はこちら↓

【提出書類】

  1. 調理師試験受験願書、データ入力票、写真票、受験票
  2. 写真(撮影後3か月以内)
  3. 中学校以上の卒業証書又は卒業証明書(原本※確認後に返却)
  4. 戸籍抄本又は戸籍謄本(発行後6か月以内のもの、原本※確認後に返却)
  5. 調理業務従事証明書
  6. 証明者の印鑑登録証明書(原本:発行後3か月以内)

※卒業証明書がない場合は、卒業した学校か教育委員会に問い合わせ、卒業証明書を発行してもらいましょう。

※卒業証書(卒業証明書)に記載されている「氏名」が現在の氏名と同じ場合は、戸籍抄本(又は謄本)を提出しなくても大丈夫です。

※調理業務従業証明書は施設長が記入する為、自分で記入してはいけません。

※印鑑登録証明書は「調理業務従事証明書」の証明者が、法人名と役職名の両方が入っていない印鑑を使用する場合や、個人の実印で証明する場合などに提出します。

調理師免許の申請方法

試験に合格出来たら、免許の申請を行いましょう。

こちらも都道府県によって申請の受付場所や方法、手数料が異なります。

神奈川県の場合、神奈川県の保健所・保健福祉事務所にて申請をして下さいね。

新規登録申請に必要な書類はこちら↓

  1. 調理師免許申請書
  2. 調理師免許資格を証明する書類
  3. 戸籍謄本、戸籍抄本又は本籍地記載の住民票(個人番号(マイナンバー)が記載されていないもの)
  4. 診断書
  5. 手数料 5,600円(神奈川県の場合)

合格後の申請で疑問に思う事がある場合、速やかに受験した都道府県の担当課に確認を取りましょう!

後で良いや…と先延ばしにしてしまうと、期限が過ぎてしまう恐れがある為、要注意!!

※免許の交付までに1か月ほどかかります。

※県外在住の方は、住所地の各都道府県庁の調理師免許担当へ問い合わせましょう。

調理師免許についての問い合わせ

調理師免許について聞きたいことがあるんだけど…

そんな時は、試験を受ける予定の地域に確認を!

地域によって開催時期や受験料等が異なる為、受験を予定している都道府県の担当課へ。

地域によって課が異なるので、気をつけて下さいね。

 

調理師免許の実務経験【押さえておくべき注意点】

調理師免許を取得したくて働き始めたのに、働いている場所が実務経験として認められない所だった!

なんて事もあるので要注意。

取得を目指す方は自分が働いている場所が実務経験として当てはまるのか確認が必要です。

押さえておくべき注意点についてご説明いたします。

実務経験として認められない職種

神奈川県の調理師ページでは、下記の職種が認められています。

(前略)

(1)給食施設(継続して1回20食以上または1日50食以上を調理し、提供している施設として保健福祉事務所等に届出をしている施設)

(2)飲食店営業

(3)魚介類販売業(ただし、魚介類をそのまま加工せず販売する営業及びせり売営業を除く。)

(4)そうざい製造業(食肉製品製造業、魚肉ねり製品製造業、豆腐製造業を除く。)

(引用:神奈川県調理師ページ:調理師試験よくある質問より)

飲食店で働いていても、上記に入らない施設やホール、洗い場は対象外となってしまうのです。

実務経験は一定の勤務時間と勤務日数が必要

勤務時間や日数にも注意しましょう!!

バイトやパートの場合、原則として週4日以上・1日6時間以上など条件がありますので要注意。

平均や週の合計時間数ではなく、勤務時間と勤務日数の両方の条件を満たさなければいけません。

その為、この2年の中に連続1か月以上の長期休暇がある場合、その期間は除かれてしまうのです。

現在調理に携わっていなくても、過去2年間以上の業務従事歴があり、調理業務従事証明書を提出することができれば受験が可能です。

 

調理師免許を子育て主婦が取得するメリット

調理師免許は国家資格!!

パートでも正社員でも、調理系で働く際は有利になる場合も。

また、調理に対する正しい知識も得られるので、仕事・家庭でも使えますよね♪

即戦力にもなるので、現場でも信用を得られることでしょう。

 

調理師免許取得に向けた30代主婦の挑戦!!

調理師免許取得を考えている私(筆者)は30代。

取得しようと思ったきっかけは、学校給食の調理補助として働き始めたことです。

調理師免許を取得したくて調理補助として働いたの?

いいえ、違います。

調理師免許の取得を考えていなかったどころか、取得できる事も知りませんでした(苦笑)

育休明け、私は早々にフルタイム勤務に挫折。

パートを探していた所、家からも保育園からも近い調理補助の仕事を見つけたのです。

働き始めてから、2年以上の実務経験があれば調理師免許の試験を受けられると知り驚き。

せっかくなら挑戦してみたいなぁと思い、目指し始めました。

会社によってはバックアップしてくれる所もあるので、聞いてみるのも良いかもしれませんね。

私の働いている会社は、取得後一年勤務で受験料等が貰える制度がありましたよ♪

他にも、合格すれば事前に受けた講習会費用も出してくれるのだとか。

バックアップ制度があるとありがたいですね。

主婦が実務経験を積むなら学校給食がおすすめ

何気なく近いからという理由で選んだ学校給食の調理補助ですが、私は働いて良かったと思っています。

その理由は子供と休みが同じだという所。

私も土日祝日休みだから子供と同じよ?

そう思う方もいるかと思いますが、私が勤めていた会社の場合は土日祝日の他に休みがあります。

それは『春休み』『夏休み』『冬休み』等の長期休暇。

基本的に給食がない日は休みなので、子供と同じような休日が取れるのです。

私は保育園に通わせていたのですが、仕事が休みなので一緒に遊ぶことも多く休日を楽しめました。

幼稚園に通っているママさんも長期休暇が一緒に過ごせるので、他に預けて働く必要もなく助かる!と言っていましたよ。

でも、それはパートだからできた事よね?

確かに社員の場合は長期休暇だぁ~!とはいきません。

しかし、会社によっては土日祝日以外にも行事の際はお休みになる事も。

給食調理なので朝が早いですが、終わりも早いので帰宅後に子供と過ごす時間が取れるのも魅力。

そんな学校給食の調理補助ですが、デメリットもあります。

私が思う学校給食のデメリット

私がデメリットに感じる2点はこちら。

  • 給料(時給)が安い
  • 食べてはいけない食品がある

一つ目は給料が安い所!

社員、パート共に給料はとても安いです。

そして私が働いていた所は昇給もありませんでした(苦笑)

給料よりも、子供の時間と合わせたいと割り切れる方にはおすすめです。

二つ目は食べられない食品があること!

私は生牡蠣が大好き♪

しかし、この仕事を始めてから生牡蠣は食べちゃダメと言われとてもショックでした(泣)

生牡蠣以外にも、生卵・生肉・生の二枚貝・生シラスがNGなのだとか。

理由はノロウイルスやO157、サルモネラなどに感染する危険性があるから!

摂取して感染してしまっては大変!治るまでは出勤ができませんし、業務にも支障が出てしまいます。

感染しているか毎月の検便でわかるため、こっそり食べてもバレてしまうのでやめましょう。

自分は大丈夫!という考えでいると迷惑をかけてしまう為、グッと耐えて我慢です。

4歳の子を持つ主婦が実践する試験対策

2年間以上の実務経験をクリアできた私。

後は試験を受ける為に住んでいる都道府県の試験日を確認し、申し込むだけとなりました♪

県外でも受験は可能なので、他県で受けられる場合は一番近い日程の場所で申し込んでもOKです。

しかし、その際は出願の際に書類が必要となりますので事前に確認しておきましょう!

また、その県の受験願書や調理業務従事証明書の用紙を使用する必要がありますのでご注意を。

試験対策!という事でもありませんが、勉強に関しては過去問を利用する予定です。

私が住んでいる地域では過去5年分の問題と解答を無料で閲覧する事ができます。

コピーもOKなので、コピーして家でゆっくり勉強する事ができますね♪

冊子の販売もしているようなので、気になる方は購入する事も可能。

それでも独学で大丈夫かな?誰かにサポートをしてほしい!

と不安に感じる方は通信講座を考えてみても良いかもしれません。

調理師免許の取り方【工夫次第で主婦でも取れる】

学校に通わなくても実務経験があれば受験資格が得られる調理師免許。

自分の知識を広げたい方や、スキルを証明したい、就職で活かしたい方などには持って来いの資格だと思います。

私は免許を取得して何かに活かすという訳ではありあせんが、自分の為に取得したいと考えています。

働きながら資格取得を目指せるので、子育てが一段落しこれから働きたいと思っている方にもおすすめ!

現在、対象となっている飲食店や給食施設で働いている方も、ぜひ検討してみてはいかがでしょう♪

おきく

コメント

タイトルとURLをコピーしました