「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています」

【情報解禁】映画はたらく細胞で芦田愛菜はオリジナルキャラの人間役だった!

TV・映画・ドラマ

この記事はタイトル「映画はたらく細胞で芦田愛菜は何役?オリジナルキャラと予想される理由」で記事を公開していましたが、7月4日に芦田愛菜さんが何役を演じるのか発表されました!!

今回の映画で芦田さんは「漆崎日胡(うるしざきにこ)」という映画オリジナルキャラである人間役に、芦田さんのお父さん役はマルモのおきてで共演した阿部サダヲさんに決定しました。

芦田さんと阿部さんのコンビを見るとドラマ「マルモのおきて」を思い出しますが、公式HPを見てもう1点あるドラマを思い出す箇所が…

それは、阿部さんの役紹介で書かれている「不摂生にもほどがある父」

これってもう2024年1月から放送されていた阿部さん主演のドラマ「不適切にもほどがある」ですよね(笑)

狙ったよね?と思わず笑ってしまいました。

芦田さんと阿部さんの2人がどのようにストーリーを進めていくのか公開が楽しみですね♪

下記の内容は「映画はたらく細胞で芦田愛菜は何役?オリジナルキャラと予想される理由」のタイトルで執筆していた記事となります。

情報は解禁されましたが、オリジナルキャラと予想していた理由は何だったのか…過去の記事内容をお楽しみください。

人気漫画「はたらく細胞」の実写映画化が発表され話題となっています。

W主演を務める永野芽郁さんと佐藤健さん以外のキャストが公表されていないためネットでは誰がどのキャラクターを演じるのか予想が絶えません。

その中でも注目したいのが、映画出演が確定だと噂されている「芦田愛菜」さん

芦田さんの出演について公式からの発表はありませんが、週刊誌などでは主要キャストとして登場すると書かれています。

主要キャストと言われると主人公を連想してしまいますが、主人公の赤血球役は永野芽郁さんに決定しているため、ネットではオリジナルキャラではないかとの予想が…

今回は映画はたらく細胞で芦田愛菜さんがなぜオリジナルキャラと予想されているのか、その理由について解説いたします。

映画はたらく細胞で芦田愛菜は何役?

演じるキャラクターはわかりませんが、はたらく細胞の映画出演が噂されている芦田愛菜さん。

公式からの発表はなく、ネットニュースの情報なので詳細は不明です。

ネットではキャラクターの予想が始まり下記のキャラクターがあげられています。

  • 血小板
  • マクロファージ
  • マスト細胞
  • 後輩赤血球

どれも芦田さんがこなせそうな役ではありますが…ここで気になるのが、週刊誌やネットニュースで共通して書かれている「主要キャスト」だという点です。

主人公以外の主要キャストとなると上記のキャラクターでは弱く感じてしまうため、映画ならではのキャラクターが出てきそうですよね。

実際にオリジナルキャラなのでは?との噂もあるため、深掘りしていきましょう。

芦田愛菜がオリジナルキャラと予想される理由

芦田さんがオリジナルキャラだと予想される理由は以下の点です。

  • 芦田愛菜は映画の主要キャストである
  • 本格的な撮影開始は6月から
  • 阿部サダヲとの共演

詳しく解説いたします。

芦田愛菜は映画の主要キャストである

FRIDAYの内容を確認すると芦田さんは映画の中で主要キャストだと書かれています。

人気女優の芦田愛菜が人気漫画原作の映画『はたらく細胞』に主要キャストで出演することがわかった。

中略

キャストの発表はこれからだが、同作でヒロイン的な主要キャストを演じるのが、芦田だという。芦田と言えば最近、超難関私大の法学部政治学科に進学することが話題になったばかり。子役時代から多忙な生活を送ってきたが、学業はおろそかにせず、実力で難関私大入学を勝ち取った。

FRIDAY DIGITAL

『主要キャスト』となると主役以外でどのキャラクターが考えられるのか…

先ほど挙げた「血小板役」「マクロファージ役」「マスト細胞役」「後輩赤血球役」も人気キャラクターではありますが主要かと言われると疑問に感じますよね。

そして「ヒロイン的」な主要キャストという書き方も気になります。

ストーリーの展開的によってはもしかしたら…があるかもしれませんが、その他の配役を考えると映画版のみのオリジナルキャラが濃厚です。

本格的な撮影開始は6月から

芦田さんは4月から大学に通う学生さん。難関大学に合格したことで話題になりましたね。

映画はたらく細胞の撮影は4月からスタートしていますが、まだ大学のカリキュラムが決まっていなかったため6月からの撮影を希望していたそうです。

「4月から名門大学の法学部政治学科に通うことでも話題の芦田愛菜さん(18)ですが、“大学生女優”としての初仕事もすでに決まっています」(映画関係者)

芦田は、実写映画化が発表されたばかりの『はたらく細胞』へ出演するという。前出の映画関係者が続ける。

中略

「映画の撮影は4月からスタートします。しかし芦田さんは大学の講義のカリキュラムがまだ決まっていないこともあり、4月・5月は学業優先にしたいという意向を示しているそうです。本格的に撮影に臨むのは6月ごろからと聞いています」(前出・映画関係者)

女性自身

そのため、6月の撮影からでも参加できる役ということもポイントになっています。

阿部サダヲとの共演

芦田さんのキャスティング決定により一番話題になっていることが「阿部サダヲ」さんとの共演です。

2011年に放送されたドラマ『マルモのおきて』で共演した2人は、今回9年ぶりの共演なのだとか。

9年ぶりの共演で盛り上がっている中、気になったのがこちら。

前略

「いえ、芦田さんが共演するのは、『マルモのおきて』でいっしょにW主演を務めた阿部サダヲさん(52)のほうなのです。『マルモ』で“家族”となった芦田さんと阿部さんですが、『はたらく細胞』でも、細胞たちがすむ人間の父娘を演じるそうです。

後略

女性自身

なんと芦田さんと阿部さんは映画の中で細胞たちがすむ父娘役を演じると書かれています。

原作漫画のはたらく細胞では人間はでてこないため、本当であれば

  • 映画には、はたらく細胞たちがすむ『人間役』というオリジナルキャラがいる
  • 人間役に芦田さんと阿部さんが父娘役で演じる

ということが予想されます。

はたらく細胞7月4日の新キャスト発表は芦田愛菜?

公式Twitterが更新され、新キャストを明日発表すると言っていましたね!

イメージは?と聞かれた永野芽郁ちゃんのジェスチャーは手を丸く丸く動かしていました…

あれ?この動き…マルマルモリモリ?

となると明日の新キャラ発表は芦田愛菜さん、阿部サダヲさんの可能性が高いです!

明日の情報を楽しみに待ちましょう♪

現在決まっているはたらく細胞のキャスト

現在決まっているキャストは下記通りです。

  • 赤血球役:永野芽郁
  • 白血球役:佐藤健

主演の2人以外まだ情報が解禁されていないため、次に発表されるキャラクターは誰なのか今か今かと待っています。

公式Twitterも6月25日から更新されていないためネットではキャラクター予想が止まりません。

体の中の細胞を擬人化したユニークな設定に原作ファンのみならず、楽しみにしている方が多く、大ヒット映画になりそうですね。

追記

7月4日に芦田愛菜さん、阿部サダヲさんの出演が決定しました。

  • 漆崎日胡役(うるしざきしにこ):芦田愛菜
  • 漆崎茂役(うるしざきしげる):阿部サダヲ

芦田さんと阿部さんは映画のオリジナルキャラである人間役。

予告を見るとどうやらはたらく細胞たちは芦田さんと阿部さんの体内で働いているようですね!

永野さんや佐藤さんは芦田さんの体内、そして阿部さんの体内は…大変なことになっているようです。

どんなストーリー展開になるのか気になります。

まとめ

映画『はたらく細胞』で芦田愛菜は何役なのか、オリジナルキャラと予想される理由は何かを解説しました。

公式での発表はなく、週刊誌の情報をもとに予想しましたが、実際はどうなのでしょうか。

細胞たちがすむ人間役は想像していなかったので、本当であればどのようにストーリーが進んでいくのか気になります。

オリジナルキャラ、オリジナルストーリーによって漫画とはまた違う楽しさが味わえそうで今からワクワクです。

6月から撮影開始であれば、芦田さんはもうクランクインしているはず…

今後の情報に目が離せません。

【関連記事】映画はたらく細胞の実写キャスト「マクロファージ役」7選

タイトルとURLをコピーしました