マイナポイントは子供の分も申請できる?必要な手続きや注意点は?

情報

こんにちは!おきくです。

2020年9月から始まるマイナポイント。あなたはもう予約をしましたか?

選択したキャッシュレス決済サービスを利用する事で、利用した金額の25%分のポイントが貰えるのは嬉しいですよね。

マイナンバーカードがないと予約や申込ができない為、現在申請中という方も多いのではないでしょうか。

我が家では申請・取得まで終わり後は予約だけ♪という状態です。

どの決済サービスを利用しようか悩む中、疑問に思ったのが我が子のマイナポイント。

子供の分も貰えるの?スマホはもちろん、娘名義のキャッシュレス決済なんてないし、どうしたら良いの?

なんて疑問が沢山。私と同じような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

子供の分を申請する方法や注意する点など、気になる疑問を調査してみました。

これでもう子供のマイナポイントには悩みませんよ!

スポンサーリンク

 

 

マイナポイントは子供の分も申請できる

結論からお伝えしますと、マイナポイントは子供の分も申請ができます。

子供は本人が直接手続きを行う事ができない為、保護者など法定代理人が代わりに手続きする事が可能。

『15歳未満の場合、予約や申込は法定代理人ができる』とマイナポイント事業のHPにもしっかりと書いてありました。

良かったぁ~、これで子供の分も心配せずに貰えるな。

 

私もホッとしました(笑)ちなみに15歳以上の未成年の場合は、基本的には本人が手続きを行う必要があります。

やむを得ない場合は法定代理人が手続きを行う事ができるそうですが、原則として本人が同席のもと手続きを行う必要があるようです。

子供分のマーナンバーカードを作っていなかった…

という方も多いようですが、マイナンバーカードがないとマイナポイントはもらえないので、この機会に申請しておきましょう♪

 

 

子供のマイナポイントを予約する方法

先程もお伝えいたしましたが、子供のマイナポイントを貰う際は、法定代理人が代わりに手続きを行います!予約方法を確認し、法定代理人が子供分の予約、申し込みを行いましょう。

マイナポイントの予約方法や申し込み方法は、こちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

マイナポイントとは何だろう?予約や申込方法をわかりやすく徹底解説!

また、マイナポイントを貰うにはマイナンバーカードが必要です。

まだ子供のマイナンバーカードを申請していない。という方は次に説明するマイナンバーカードの取得方法を確認し、早めに取得しましょう。

 

子供のマイナンバーカードを取得するには

子供のマイナンバーカードを申請する際も法定代理人が申請します。

申請方法は成人と変わりませんので、詳しい方法を確認したい方は先程の記事をご覧ください。

オンラインで申請する場合、同じメールアドレスで複数人の申請ができる為、子供の分もまとめて申請することができますよ。

通知ハガキが自宅に届いたらマイナンバーカードを取りに行きましょう♪

ここで注意したい点は、マイナンバーカードを取りに行く際、必ず子供と一緒にという事!

通知ハガキにもかいてありますのでしっかり確認してください。

その際、親と子供それぞれの本人確認書類が必要となります。本人確認書類は以下の通りです。

有効期限があるものに関しては、期限が切れていないか事前に確認をしておくことをおすすめします。

住民基本台帳カード(写真無しのものは除く)
運転免許証
運転経歴証明書(交付が平成24年4月1日以降に限る)
旅券(パスポート)
身体障害者手帳
精神障害者保健福祉手帳
療育手帳
在留カード
特別永住者証明書
…など
A(官公署が発行した書類)
健康保険証
年金手帳
生活保護費受給表
母子手帳(出生届出済証明欄に証明があるもの)
医療受給者証
…など
B(官公署以外が発行した書類)
社員証
学生証
学校名が記載された各種書類
預金通帳
…など

家族分のパスポートがある!という方は、1点のみで確認ができるパスポートが良いでしょう。

我が家は全員分のパスポートがあるので、パスポートを持参して受け取る予定です♪

 

 

マイナポイントを子供の分も貰う際は決済サービスに注意せよ

子供の分のマイナポイントは自分が選択したキャッシュレス決済サービスでいいか。

子供の分も合わせたら10,000ポイントも貰えるわ。

なんて思っている方もいるかもしれません。私も自分と同じ所なら楽だしポイントも2倍で嬉しいな♪

なんて思っていましたが、ここで思わぬ落とし穴が!!

なんと、子供分のマイナポイントを受け取る際、親と同じキャッシュレス決済サービスを選ぶ事が出来ないのです。

子供の分を受け取る時は、自分と異なるキャッシュレス決済サービスを選択する必要があります。

キャッシュレス決済サービスが一つしかないわ…

という方もいるかもしれません。キャッシュレス決済サービスを一つしか持っていないという方は、申し込みの前に登録していくことをおすすめします。

 

 

まとめ

  • マイナポイントは子供の分も申請できる
  • 15歳未満の場合は法定代理人が予約、申し込みをすることができる
  • マイナンバーカードの受け取りは事前に持参する物を確認し、子供と一緒に行きましょう
  • マイナポイントは法定代理人と異なる決済サービスを選択しなければならない

マイナポイントは子供の分も貰えます!子供は貰えない…と思って諦めないで下さいね。

予約をしていない方やマイナンバーカードを作っていない方はこの機会に予約やカードの申請を行いましょう♪

15歳未満の場合は法定代理人が予約、申し込みを行います。

自分の予約、申し込みと一緒に子供の分も行えば面倒な事も一度で済みますよね。

是非、家族全員分のマイナポイントをGETしてお得に活用しちゃいましょう!

おきく

コメント

タイトルとURLをコピーしました