我が家で飼っている可愛いペットの出会いから飼育方法までをご紹介♪

暮らし

こんにちは!おきくです。

現在、ペットを飼っている!という方はいますか?

おきく家は一年ほど前から飼い始めました。まぁ、飼う予定はなかったんですけどね…

どんなペットかわかりますか?ぜひ予想してみて下さーい!

今回はそんなおきく家のペットを出会いから飼育方法まで詳しくご紹介いたします♪

 

 

おきく家のペットは金魚とメダカ

おきく家のペットは赤い金魚1匹とメダカ3匹。

予想が当たった!という方はいますかね?

皆同じ水槽の中で仲良く暮らしています♪

動物の専門学校に通っていたおきくですが、魚は全くも専門外!戸惑いました(笑)

飼うと決まった時、私は飼育にノータッチと話していたのですが、気づいたら世話係は完全に私。

「おいおい!ちょっと待った!」と思いましたが、こんなもんですよね(汗)

私は魚を飼う事が初めてなので、何をするにもいちいち検索。

水槽の掃除も毎回調べて慎重に行っています。

何で私…と思う事もありましたが、お世話をするうちに愛着もわき、今はこの子たちに癒されています♪

エサをあげる時など、水槽をコンコンと叩くと皆寄ってくるんですよ~。

パクパク口を開けて寄ってくる光景は面白くて朝の楽しみの一つになっています。

 

 

金魚との出会いは夏祭り!

この金魚さんとの出会いは去年の夏まつり!

娘が「やりたい!」と言った金魚すくいで運命的な出会いをしたのです(大袈裟)

正直、どうせ取れないだろうと思っていたので「やりたいならやってみれば?」と言い、私は見ているだけ。

ポイをビチョビチョにしてすぐに破けるだろうと想像していました。

しかし!几帳面で繊細な娘…起用に金魚をGET!!これには私も夫もビックリ。

金魚すくいのおじさんもビックリし、喜んでくれました。

水槽もなかったので、金魚はすくえたけど戻してもらおうとしたら…

「お嬢ちゃん上手だったからもう一匹あげるね♪」とまさかの一言。

なにーーー??

そのやり取りに「戻してください」なんて言えず(笑)

娘がすくった赤い金魚とおじさんがくれた黒い金魚を我が家にお迎えしたのです。

 

 

メダカは実家のお隣さんがくれました

メダカたちは今年仲間入りしたばかり。

実家に遊びに行った時、お隣さんが「メダカの子供が生れたからどう?うちの孫は興味ないみたいで…」

と声をかけてくれたのですが、そんな事言われたら「欲しい!」って娘は言いますよね(苦笑)

もらった7匹の小さなメダカちゃんに興味津々の娘。金魚と同じ水槽に入れて良いのか悩む私と夫。

調べても何とも言えない情報ばかり…また水槽を購入するのも大変なので結局金魚の水槽に入れました。

ドキドキして私も夫も数分おきに様子を伺っていましたが、お互いに興味を示さず問題なし♪

今も同じ水槽でゆったり暮らしています。

 

 

水槽はコレを使っています

金魚をお迎えするなんて思っていなかったので、お祭りから帰ってすぐペットボトルを念入りに洗う。

よ~く洗ってから水を入れ、シャカシャカ振ってカルキ抜き。てっぺんを切り落として簡易水槽を作り様子を見ました。

他の人はこのような状況の際、どうしているんですかね…皆同じように焦って準備しているのかな?

翌日、朝から急いでペットショップへ!

おきく一家と同じ状況の人が多いのか、必要な物が全て入っているセットがドドンと陳列されていました。

やはり夏はこのような状況になる人が多いんでしょうね!迷わず購入しましたよ(笑)

プラスでカルキ抜きとご飯も購入して一安心♪

早速説明書通りにセットしてカルキ抜きをし、しばらく水を循環させました。金魚たちは夕方頃入れた気がします。

生き物を飼うって大変ですよね…大丈夫かな?平気かな?と一つ一つの作業にビクビクしっぱなしでした。

ちなみに同じメーカーから、このようなスターターキットも出ているようなので確認してみて下さいね。

 

素人の水槽管理

水槽の管理は主に私の役割。

といっても本当に汚れた時にしか洗っていません。

説明書には水の交換や掃除など書いてあるのですが、やっていません(汗)

我が家の水槽の場合、3カ月ごとの掃除が理想のようですが、キレイなので1年間で洗った回数は2回程。

入れている数も少なく、ポンプもしっかり動いているので汚れもなく水もキレイ。

素人判断ですが、ガチャガチャ掃除する方がストレスになりそうという考えです。

それでも金魚は1年元気に生きています♪

水槽を洗った理由も、1回目は夫がご飯を入れすぎて水が緑に…ドブのような臭いもして即掃除しました(私が)

エサのせいでポンプの動きも悪くなり、金魚がアプアプと苦しそうで私もアタフタ。

調べると塩を少し入れた水に移すと良いと書いてありすぐに実行。

入れた瞬間から元気になりホッとしたのを覚えています。

水が汚くて酸欠になっていたみたい。目の前で苦しそうな表情をしていたので本当に焦りました。

2回目は私が原因…家にGOKIBURIが出たので思わず殺虫剤をプシュー!!

翌朝4匹のメダカがお空へ…その時は原因がわからず、一気に4匹も?と思っていましたが、夫に殺虫剤が原因ではと言われ青ざめる私。

これは本当に申し訳なかったです。そして、調べると同じ行動をしてしまった方が沢山いて驚きました。

殺虫剤に入っている成分が魚には合わないようなので、これから飼う方は気を付けて下さい(泣)

その後慌てて水槽を掃除して水を替えました。今は金魚1匹、メダカ3匹になってしまいましたが、元気に暮らしています♪

 

 

入れている水草

始めは水草も入れてなくて殺風景な水槽。

メダカが来たタイミングで、メダカが隠れるようにと水草を購入してみました。

始めに購入したのはコチラ↓

「カボンバ」という名前らしいですよ!私はわからないので夫に選んでもらいました。

しばらくこの「カボンバ」を入れていたのですが

  • 金魚が食べてカボンバが減った
  • カボンバのカスがポンプに詰まってしまい水が濁り始めた

という事が起こってしまい、カボンバは止めました…口コミだけではわからないことが沢山ありますね。

実際に使ってみないとわからないので勉強になります。

メダカにおススメと書いてあってので、メダカのみ飼育している方にはおススメなのかもしれません。

そんなカボンバの次に迎えた水草がコチラ↓

これは「ホテイアオイ」だったかな?全てが沈むことなくプカプカ浮いています。

金魚もメダカも水草の種類にあまり気にしている様子もないですが…気づいているのかしら?

こんな感じで日々試行錯誤しながら育てています♪

 

 

魚に名前を付けてはいけない?

おきく一家は金魚を迎えた時から名前を付けて可愛がっていました。

家に迎えてから一週間程で黒い金魚はお空へ旅立ってしまったのですが、赤い金魚は娘が「めん」と名付けました。

私たちも「めん」と呼んで可愛がっていたのですが、魚って名前を付けてはいけないみたいですね。

知らなかったので理由を見たらホラーが苦手な私は寒気がしました…

迷信なのだとは思いますが、怖くてメダカには名前を付けていません。

気になる方は「魚・名前つけちゃいけない」などで検索し見て下さい。

私は二度と検索しないですけどね(笑)

 

 

まとめ

今回はおきく家のペットを紹介いたしました!

また新たな子を迎えた際は紹介させてください♪

これから金魚やメダカを飼う予定の方は、素人の飼育方法ですが参考になればと思います(なるかな?)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おきく

コメント

タイトルとURLをコピーしました