主婦におすすめな調理師免許の取り方と取得者にインタビュー!

調理師免許
記事内に広告が含まれています。

主婦が調理師免許を取得するにはどうしたらいいの?

そんなお悩みを解決します。

学校に通わなくても取得できる調理師免許は子育て主婦でも取得可能!

  • 限られた時間の中でどのように勉強をしたら良いのか
  • お金をかけずに取得する方法はあるのか

実際に調理師免許試験を受けたワーママへのインタビューを交えて解説していきます。

家事・子育て・仕事と忙しい中、調理師免許試験に見事一発で合格したワーママ2名の体験談は、同じ環境で試験に挑もうと考えている方の参考になるはず!

ぜひ最後までご覧ください。

この記事は、調理師免許取得に向けて情報収集を始め、学校給食の調理補助として実務経験を積んだ30代主婦が書いています(2021年の調理師免許試験を受験する予定でしたが、諸事情により断念)

【この記事を読んでわかる事】

  • 主婦におすすめな調理師免許の取り方
  • 試験に合格したワーママにインタビュー
  • 調理師免許試験におすすめの勉強方法
  • 筆者の免許取得に向けた挑戦
  • 調理師免許試験の概要
スポンサーリンク

主婦におすすめな調理師免許の取り方

調理師免許は、調理師学校を卒業し免許の申請を行うことで取得できますが、仕事や子育てをしている主婦の場合学校に通うのは難しいですよね…

しかし、調理師免許は学校に通わなくても取得できます。

その方法が「飲食店や給食施設等で2年以上の実務経験を積む」方法です。

2年以上の実務経験を積むと調理師免許試験の受験資格を得られ、試験に合格すれば調理師免許が取得できます。

試験は各都道府県が実施しているため、自分が住んでいる都道府県で受験可能。

流れとしては、試験に合格してから免許を申請し取得となります。

この方法であれば、働きながら条件を得られるため学費もかからず、収入を得ながら資格取得の条件を満たすことができるのです。

金銭面や通学を考えるとこちらが良いのでは?と思い、私もこの方法で取得を目指しています。

但し、子育てをしている場合は保育園など預け先が必要になってしまうためご注意ください。

地域によっては待機児童も多い為、保育園を検討される場合は近隣園の状況を確認しておきましょう。

実務経験で押さえておくべきポイント

調理師免許は実務経験がなければ受けられません。

実務経験を得るために飲食店で働こうと求人を探す方もいるかと思いますが、注意してほしいのが実務経験には様々な条件があること。

働く前に条件を確認しておかないと、実務経験として認められない仕事だった…となってしまうので要注意。

実務経験に関する詳しい内容はコチラの記事にまとめていますのでご確認ください↓

調理師免許は役立つのか

調理師免許を持っている料理人を募集している飲食店もありますが、実は資格がなくても飲食店で働けます。

では取得して何の意味があるのでしょう…

調理師免許は、自分が「調理師」であり専門的な知識を習得していることを証明できる国家資格です。

なくても良いとはいえ、場所によっては調理師免許が必須の飲食店も。

特に学校給食を作っているような給食センターの場合、正社員は調理師免許の保持が条件になっていることが多いようです。

調理師免許を持っていることで安心感や信頼感も持てますので、料理人として活躍していきたい、キャリアアップしていきたいと思う方はあっても良いのではないでしょうか。

特に手当がない職場もありますが、持っていることで優遇される場合もありますよ。

スポンサーリンク

調理師免許を取得したワーママにインタビュー

今回、調理師免許試験に合格したワーママ2人のインタビューを会話形式でまとめてみました。(2021年記事執筆)

勉強方法や使用した参考書、試験の感想なども聞いていますよ♪

フルタイムで働く1児のママSさんの場合

パートから社員へ切り替えて働いている1児のママSさん。

Sさんはどのようにして調理師免許試験に挑み、合格したのでしょうか。

おきく
おきく

調理補助歴を教えてください。

Sさん
Sさん

パート歴、社員歴を併せて2年です!

おきく
おきく

お子さまの年齢は?

Sさん
Sさん

4歳です!

おきく
おきく

試験日の何ヶ月前から本格的に勉強を始めましたか?

Sさん
Sさん

1ヶ月前から始めました!

おきく
おきく

育児、家事、仕事をしながら1日何時間位勉強していましたか?

Sさん
Sさん

毎日ではありませんが、1日2時間程度です!

おきく
おきく

どのようにして勉強時間を作っていましたか?

Sさん
Sさん

さくっと家事終わらせて、子供寝かしつけました!

おきく
おきく

Sさんが行っていた勉強方法を教えてください。

Sさん
Sさん

ひたすら過去問を解いていました!

おきく
おきく

勉強の際に使用したものを教えてください。

Sさん
Sさん

過去問と調理師読本です!

調理師読本は試験の直前講習を受けたのでそこで購入しました。

※ 「調理師読本」は後程ご紹介いたします。

おきく
おきく

勉強をしていて好きな科目、苦手な科目はありましたか?

Sさん
Sさん

栄養学と食品衛生学はなじみのない単語ばかりで最初つまずきました…

成分もカタカナばかりでややこしかったです。

おきく
おきく

実際に調理師免許試験を受けてみてどうでしたか?

Sさん
Sさん

印象としては意外と簡単に感じました。

おきく
おきく

試験費や申請費などいくらかかりましたか?

Sさん
Sさん

直前講習や調理師読本で24,000円程度と試験費が約6,300円だったかと思います。

まだ申請をしてないので申請費は不明です…

あとは、薬物診断書を病院でもらうのに3,000円ほどかかりました。

おきく
おきく

調理師免許取得を目指している主婦(ワーママ)にアドバイスがあれば教えてください。

Sさん
Sさん

過去問をひたすら解くことをおすすめします‼︎

年代別のものは近々のものを覚え、過去問の傾向を読み解けば独学でも大丈夫です。

直前講習は正直いらなかったなぁ…と思いました。

スポンサーリンク

パート勤務している2児のママOさんの場合

パート勤務をしている2児のママOさん。

Oさんはどのようにして調理師免許試験に挑み、合格したのでしょうか。

おきく
おきく

調理補助歴を教えてください。

Oさん
Oさん

以前の職場と現在の職場を併せて5年です!

おきく
おきく

お子さまの年齢は?

Oさん
Oさん

3歳と2歳です!

おきく
おきく

試験日の何ヶ月前から本格的に勉強を始めましたか?

Oさん
Oさん

3カ月前くらいから始めました。

おきく
おきく

育児、家事、仕事をしながら1日何時間位勉強していましたか?

Oさん
Oさん

1日1時間程勉強していました!

おきく
おきく

どのようにして勉強時間を作っていましたか?

Oさん
Oさん

子供を早めに寝かしつけ、夜に勉強時間を作っていました。

おきく
おきく

Oさんが行っていた勉強方法を教えてください。

Oさん
Oさん

過去問を利用し、ひたすら解いていました!

おきく
おきく

勉強の際に使用したものを教えてください。

Oさん
Oさん

過去問と調理師読本です。

調理師読本は調理師免許で一番人気な本というイメージだったので!

※ 「調理師読本」は後程ご紹介いたします。

おきく
おきく

勉強をしていて好きな科目、苦手な科目はありましたか?

Oさん
Oさん

得意科目は公衆衛生学です。国の健康対策など内容が身近に感じやすく覚えやすかったです!

苦手科目は栄養学でした…。専門用語も多く、栄養計算など短時間で理解するには難しかったです。

おきく
おきく

実際に調理師免許試験を受けてみてどうでしたか?

Oさん
Oさん

自分が納得のいく勉強ができなかったせいか、思ったより難しいと感じました。

おきく
おきく

試験費や申請費などいくらかかりましたか?

Oさん
Oさん

試験手数料が6,130円、免許証申請代が5,600円です。

プラスで調理師読本代がかかっています。

おきく
おきく

調理師免許取得を目指している主婦(ワーママ)にアドバイスがあれば教えてください。

Oさん
Oさん

小さい子どもを見ながら、働きながらの勉強はやはり大変でした!

正直今じゃなくても良かったなと思ってしまったので…

子どもを寝かしつけた後は家事などやることも多く、「今日も勉強できなかったなぁ」と焦る時も。

結果として無事に合格はできましたが、夫が試験に協力的でたまに子どもを連れて出て、私の勉強時間を確保してくれた事も大きいです。

実務期間は2年働けば期限もなくいつでも受けられるので、必要に迫られず周りに協力者もいる環境で楽しんで挑むのであればいいと思います。

 目次へ戻る

スポンサーリンク

調理師免許取得に向けた勉強法

調理師免許試験の勉強法には「独学」と「通信講座」があります。

どちらもメリット・デメリットがあるため、自分にあった方法を選び勉強していきましょう!

具体的にどのような勉強方法なのか、どんなメリット・デメリットがあるのか解説します。

独学で試験を受ける場合

独学で試験に挑む場合におすすめの勉強方法は「過去問や問題集をひたすら解く」

実際、独学で受験した方に話を聞くとほぼ全員「過去問や問題集を繰り返し何度も解いた」と答えていました(調理補助として働いていた時に社員さん、パートさんに聞きました)

過去問はネットで調べるとすぐに出てくるのでお金もかかりません!

過去問について詳しく知りたい方はこちらの記事も併せてご覧ください↓

もし、専門用語が多くて過去問だけでは、意味や理由が理解できずモヤモヤする…という方は参考書と併せて勉強するとわかりやすいですよ。

図書館やフリマアプリにも参考書がありますが、情報が古く変わっている場合があるので最新の参考書を購入したほうが良いでしょう。

今回インタビューした2人も忙しい中勉強時間を作り、独学で試験に挑んでいました。

インタビュー中に出てきた「調理師読本」は日本栄養士会が著者・編集している参考書です。

第一出版
¥1,870 (2024/05/22 21:24時点 | Amazon調べ)

調理師試験の勉強で使用している方が多く、名前がよく上がる参考書の1つでもあります。

難しくて読むのが大変という意見もありますが、過去問に出題された内容が網羅されている・要点がしっかりまとまっており、見やすいという意見も多い参考書。

問題集と併せて勉強するのが良いそうですよ。

独学のメリット

  • 低予算で勉強できる
  • 自分のペースで学ぶことができる

独学のデメリット

  • 独学では挫折しやすい可能性がある
  • 忙しい方はなかなか勉強の時間がとれない

独学で勉強するポイントやおススメの参考書をまとめた記事もあるので、詳しくはこちらをご覧ください↓

通信講座で試験を受ける場合

調理師免許の試験は範囲が広く、専門用語が多いため独学での勉強が続かない方も…独学での勉強が不安な方は通信講座での勉強がおすすめです。

費用はかかりますが、学校に通うよりは低予算で済むので悩んでいる方は資料の請求だけでもしてみましょう!

要点がまとまったテキストが送られてくるので、どこから勉強しよう…と悩む心配もありません。

調理師免許取得を応援してくれる通信講座には、ユーキャン、資格のキャリカレ、日本調理師協会、東北福祉カレッジなどがありますよ。

通信講座のメリット

  • 要点がまとまった教材でわかりやすい
  • わからないことが質問できる

通信講座のデメリット

  • 費用がかかる
  • 通信教育を受けただけでは調理師免許の取得はできない

こちらの記事で4つの通信講座を比較・開設しているので参考にしてみてください↓

勉強時間がとれなくても焦らなくて大丈夫

家事、育児、仕事となかなか時間が取れず勉強できないと悩むことがあるかもしれません。

今日はここまでやるぞ!と気合いを入れてもスケジュール通りにいかずイライラしてしまう、家事や育児が疎かになってしまうでは悪循環…

そんな場合、Oさんが言っていたように子供がある程度大きくなってから資格取得を目指すのも良いと思います。

一人で頑張ろうとせず、ご主人や親など家族に協力してもらうなど周りの人を頼るのもイライラ回避になりますよ。

一気にやろうとするとできなかった際に挫折しやすくなってしまうので、小さな目標をたくさん作りこなしていきましょう。

焦ってしまうと勉強や資格取得が嫌になってしまうため楽しく続けられる環境つくりをぜひ♪

スポンサーリンク

調理師免許取得に向けた30代主婦の挑戦!!

調理師免許取得を考えている私(筆者)は30代。

取得しようと思ったのは、学校給食の調理補助として働き始めてから。

もともと調理師免許を取得したくて調理補助を選んだわけではなく、働き始めてから先輩のパートさんに教えてもらったことがきっかけです。

せっかく働いているなら資格を取得してみたいなぁと思い、調理師免許の取得を目指すようになりました。

会社によってはバックアップしてくれる所もあるので、聞いてみるのも良いかもしれませんね。

私の働いていた会社では、取得後も一年勤務すると受験料等が貰える制度がありました!

他にも、合格すれば事前に受けた講習会費用も出してくれるのだとか。

バックアップ制度があるとありがたいですね。

主婦が実務経験を積むならおすすめは学校給食

何気なく家からも保育園からも近いからという理由で選んだ学校給食の調理補助ですが、私は働いて良かったと思っています。

その理由は子供と休みが同じだという所!

小学校の場合、土日祝日だけでなく『春休み』『夏休み』『冬休み』等の長期休暇がありますよね。

基本的に給食がない日は休みなので、幼稚園や小学校に通う子供と同じような休みが取れるのです。

私は保育園に通わせていたので長期休暇は関係ありませんでしたが、保育園を休んで一緒に遊ぶことも多かったです。

幼稚園に通っているママさんも長期休暇が一緒に過ごせるので、他に預けて働く必要もなく助かる!と言っていましたよ。

子供がいる主婦に調理補助パートがおすすめな理由はこちらに詳しくまとめています↓

調理師免許の概要【知っておきたい事前知識】

ここからは調理師免許の概要について詳しく紹介します。

そもそも調理師免許とは?

調理師免許は調理の技術や食に関する専門的な知識を持っていることを証明する日本独自の国家資格。

調理系で働きたい方や、資格が気になる方は持っていて損はないでしょう。

こちらで調理師免許のメリットなどについて詳しく解説してますので参考にしてみてください↓

調理師免許の試験開催時期

試験の開催時期や回数は都道府県によって異なります。

年に1回の地域もあれば、2回開催される地域もあるため、事前に確認しておきましょう。

試験は住んでいる地域に関係なく、どこでも受ける事が可能!

自分が受けやすい時期や地域を選ぶと良いでしょう。

また、複数の都道府県でかけもち受験も可能です。

かけもちができると効率よく試験を受けられるので嬉しいですね。

2023年に開催される関東の調理師免許試験日についてはこちらをご覧ください↓

調理師免許の受験資格

受験資格は原則として以下の2点。

  • 中学校卒業以上
  • 2年以上の実務経験

こちらをクリアしていれば調理師免許の試験を受ける事が可能です。

調理師免許にかかる費用

調理師免許の受験料は都道府県によって異なります。

自分が試験を受ける予定の都道府県に確認しましょう。

神奈川県の場合、試験の手数料は6,130円(神奈川県収入証紙)

神奈川県収入証紙は願書受付当日の書類確認後に受付会場にて購入できます。

調理師免許の受験申し込み方法や提出書類

調理師免許の申し込み方法は都道府県によって異なります。

願書の配布場所や受付場所など、自分が受ける都道府県の申し込み方法を必ず確認してください。

ちなみに神奈川県の場合は「神奈川県ホームページ|調理師のページ」からご確認いただけます。

【提出書類】※神奈川県の場合

  1. 調理師試験受験願書、データ入力票、写真票、受験票
  2. 写真(撮影後3か月以内)
  3. 中学校以上の卒業証書又は卒業証明書(原本※確認後に返却)
  4. 戸籍抄本又は戸籍謄本(発行後6か月以内のもの、原本※確認後に返却)
  5. 調理業務従事証明書
  6. 証明者の印鑑登録証明書(原本:発行後3か月以内)

※卒業証書(卒業証明書)に記載されている「氏名」が現在の氏名と同じ場合は、戸籍抄本(又は謄本)を提出しなくても大丈夫です。

※調理業務従事証明書は施設長が記入する為、自分で記入してはいけません。

※印鑑登録証明書は「調理業務従事証明書」の証明者が、法人名と役職名の両方が入っていない印鑑を使用する場合や、個人の実印で証明する場合などに提出します。

調理師業務従事証明書のもらい方はこちらの記事をご確認ください↓

調理師免許の試験科目や形式

調理師免許の試験科目は以下の6科目です。

  1. 調理理論
  2. 食品衛生学
  3. 公衆衛生学
  4. 栄養学
  5. 食品学
  6. 食文化概論

試験形式は、筆記試験のみで実技や実習はありません。

原則として全科目の合計点で合否が判定されるようです。

6割以上が合格ラインになるようですが、1科目でも平均を大きく下回る場合は不合格になる場合もあるのだとか。

範囲が広いので、実務経験を積んでいてもしっかり勉強をしないと難しいでしょう。

調理師免許の合格率や難易度

調理師免許の合格率は60%前後。年々難しくなっているという噂もあります。

合格率10%を切るような国家資格もあるので、試験自体の難易度はそこまで高くないですが、試験の範囲が広いためしっかり勉強をする必要があります。

調理師免許の申請方法

試験に合格出来たら、免許の申請を行いましょう。

こちらも都道府県によって申請の受付場所や方法、手数料が異なります。

神奈川県の場合、神奈川県の保健所・保健福祉事務所にて申請をして下さいね。

新規登録申請に必要な書類はこちら↓

  1. 調理師免許申請書
  2. 調理師免許資格を証明する書類
  3. 戸籍謄本、戸籍抄本又は本籍地記載の住民票(個人番号(マイナンバー)が記載されていないもの)
  4. 診断書
  5. 手数料 5,600円(神奈川県の場合)

合格後の申請で疑問に思う事がある場合、速やかに受験した都道府県の担当課に確認を取りましょう!

後で良いや…と先延ばしにしてしまうと、期限が過ぎてしまう恐れがあるため注意してください。

※免許の交付までに1か月ほどかかります。

※県外在住の方は、住所地の各都道府県庁の調理師免許担当へ問い合わせましょう。

詳しくはこちらをご確認ください↓

調理師免許についての問い合わせ

調理師免許について聞きたいことや疑問に思うことがある方は、試験を受ける予定の地域に確認してみましょう。

地域によって開催時期や受験料等が異なるため、受験を予定している都道府県の担当課へ。

地域によって課が異なるので、気をつけて下さいね。

スポンサーリンク

主婦におすすめな調理師免許の取り方【まとめ】

学校に通わなくても2年以上の実務経験があれば調理師免許試験を受けることができます。

自分の知識を広げたい方や、スキルを証明したい、就職で活かしたい方には持ってこいの資格です。

今回インタビューした2人のように育児・家事・仕事をしている方でも隙間時間を利用して勉強し取得しているので、悩んでいる方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょう。

働きながら資格取得を目指せるので、子育てが一段落しこれから働きたいと思っている方にもおすすめです。

現在、対象となる飲食店や給食施設で働いている方はもちろん、実務経験がない方も、働きながら国家資格取得を目指せますよ。

私は免許を取得して何かに活かすという訳ではありませんが、自分のために取得したくて奮闘しています。

子育てが落ち着き、調理師免許試験を受けた際は体験談をまたブログにしたいと思います。

≪調理師になりたいを応援!!≫
【簡単1分!ユーキャン無料資料請求】
【ユーキャン講座申し込み】
 
【簡単1分!キャリカレ無料資料請求】
調理師免許
スポンサーリンク
シェアする
おきくをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました