アウトドア初心者が購入したコスパ重視のアウトドア用品17選!

アウトドア
記事内に広告が含まれています。

アウトドアが苦手なインドア夫がキャンプYouTubeを見て「家族キャンプをしたい!」と突然発言しビックリ!!

楽しそうだけど…初心者がいきなり子連れキャンプはレベルが高そうで不安だったため、まずはバーベキューから始めることに。

キャンプ好きの方やSNSの情報を頼りに我が家に合うアウトドア用品をリサーチしアウトドア用品を揃えました。

アウトドア初心者の私達が購入した用品を、なぜ購入したのか、何が決め手だったのか、実際に使用してどうだったのかを交えながら17商品紹介いたします。

購入品は下記のYouTubeでも紹介しています↓

他にも初のバーベキューの様子や、後日買い足した商品などもアップしていますのでぜひご覧ください♪

初心者が選んだアウトドア用品

キャンプではなく、バーベキューが目的だったのでテントなどは購入していません。

家族バーベキューをするのに必要だと思い購入した用品を紹介していきます。

もちろん紹介する商品はキャンプでも使用できるので最後までご覧いただけると幸いです。

焚き火台

焚き火台はキャプテンスタッグのヘキサステンレスファイアグリルを購入しました。

購入の決め手は『価格』『機能』『サイズ』です。

1台で下記の3役使えてお値段もお手頃!

  • 焚き火台
  • バーベキュー
  • ダッチオーブン

バーベキューの際も4人家族の我が家には大きすぎず小さすぎず丁度いい大きさでした。

自分でも驚くほどセンスのない置き方ですが、ピーマンは30個ほど置けるかな?

収納袋付きでコンパクトに収納できるので持ち運びも便利!120㎝の娘でも持ち運べます。

まだ数回しか使用していないため、耐久性などに関してはわかりませんが、安くて使い勝手も良いので初心者の私達には使いやすかったです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥5,482 (2023/12/04 11:56時点 | Amazon調べ)

クーラーボックス

クーラーボックスはコールマンのエクスカーションクーラー/30QTを購入しました。

購入の決め手は『価格』『機能』です。

お手頃価格で使い勝手も良さそうだったので選択しました。

バーベキューには丁度良いサイズでしたが、家族4人でキャンプとなると小さいのかな?!

ロックがなく蓋が少しかたいため、片手では開けられませんでした。

その点がデメリットの様にも感じましたが、小さな子供がいる家庭の場合勝手に開けてイタズラされる心配がないのかも。

直置きすると地面の熱で熱くなってしまうので、100均で折り畳み台を購入し、その上に置いています。

バーベキューの予定が無くても車に置きっぱなしにして、冷凍品の買い物などに使用しています(溶ける心配もないので焦らず帰宅できるのが嬉しい)

ちなみに、夫は最後までシノマのクーラーボックスと悩んでいましたが、このままアウトドアにハマるかわからないので今回は見送り…(だって高いんだもん。泣)

本当にキャンプへ行くことになったら検討しようと思います。

アウトドアチェア

アウトドアチェアはワークマンの燃え広がりにくいアームチェアを購入しました。

購入の決め手は『価格』『デザイン』です。

ワークマンのチェアはなんと税込980円(購入時)と破格のお値段!

私はもう座れればいいので即決でした(笑)初心者にも手が出しやすい価格はありがたいです!!

最後にしっかり開けたか確認が必要ですが、娘も一人で設置していました(当時6歳)

ローチェアなので息子も一人で座ったり下りたりができていましたよ(当時1歳)

降ろせとか座らせろとか何度もあると大変なので、一人で座ってくれるのは助かります。

ハイチェアもありましたが、テーブルが低いのでローチェアで丁度良かったです。

ひじ掛けにドリンクホルダーが付いているのですが、息子は毎回石を詰めています(笑)

火消し壺

火消し壺はキャプテンスタッグの火起し火消しセットを購入しました。

アウトドア初心者なので、そもそも火消し壺って何?状態…

夫の職場の上司(アウトドアが趣味)に、便利だから購入した方が良いよとアドバイスをいただき購入。

火起こしは面倒で大変な作業だと思っていましたが、火消し壺の利用で初心者でも簡単に火がつけられて驚きました。

終了後は燃え尽きるのを待つ必要がなく、残った炭を壺に入れて蓋をするだけで火が消えるので片付けも簡単。

炭は再利用できるので、そのまま保管ができるのも良いですね。

使い終わった炭を入れてすぐは壺本体も熱く、そのまま車に入れる勇気がなかったので、少し冷めてから入れました。

テーブル

テーブルは焚き火台を囲めるキャプテンスタッグのファイアグリルテーブルを購入しました。

購入の理由は息子のイタズラ防止。

1歳の息子は好奇心旺盛なので様々な心配が…

そのため、焚き火台をイタズラされないようファイアグリルテーブルを選びました。

写真のように焚き火台と距離ができるので小さいお子様がいるご家庭におすすめです。

少し手を添える位なら大丈夫ですが、体重をかけて押された時に倒れないか少し心配でした。

テーブルとしてもしっかり機能してくれるのでバーベキューでは十分だったけど、キャンプだとまた違うのかな?

ちなみに、焚き火台を囲っていてもテーブル本体が熱くなることはありませんのでご心配なく。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥5,926 (2023/12/04 12:08時点 | Amazon調べ)

タープ

タープはDODのいつかのタープTCを購入しました。

夏のアウトドアは日差しが強いからタープはあった方が良いよとアドバイスを頂き、初心者でも手が出しやすい価格のDODを選択。

何度かタープを張ろうと出かけたのですが…毎回なぜか強風で未だに使用できていません(笑)

使用した際にまた感想をお伝えしますね!

100均のアウトドア用品も優秀

アウトドア用品を揃えるのに、ダイソーやセリアなど100均商品も利用しました。

100均なんてちゃっちいんじゃない?すぐに壊れてしまいそう…と思う方もいるかもしれませんが、めちゃくちゃ優秀です。

安くて実用的な100均アイテムはまさにコスパ最強!

キャンプYouTuberさんも動画内で100均アイテムを推しているので心配な方は動画を確認してみてください。

ハンギングラック

ダイソーのハンギングラックを購入しました。

ネットでもコスパの良いキャンプ用品として紹介している方が多かったので即決!

お値段770円(税込)のハンギングラックは道具をラックに引っかけられるので必要な際にサッと取れて便利です。

組み立てや片付けも簡単でコンパクトに収納可能。

これから紹介する商品と併せてしようすると下記のように利用できます↓

ハンギングラック用フック

ハンギングラックに取り付けるフックを購入しました。

ダイソー、セリアで購入が可能です。

若干デザインが異なりますが、つけ方や使い勝手は変わりません。

レザー調がシックでとてもオシャレに見えます。

商品によって耐荷重が異なるので注意してください。

サイドオーガナイザー

ハンギングラックの側面に付けるサイドオーガナイザーを購入しました。

収納ポケットが沢山付いているので道具が散らばる心配もありません。

これでお値段330円(税込)はお買い得!

1000円ちょっとでこのセットが手に入るのは嬉しいですよね。

その他の雑貨

ここからは便利だった小物類や雑貨を紹介いたします。

手袋

手袋は東和コーポレーションのEXTRAGUARD TAKIBI EG-012を購入しました。

バーベキューで手袋をするのは大袈裟じゃない?と思ってしまいましたが、火消し壺は熱いので購入して良かったです。

ワークマンや他のアウトドア用品店にもあるので、慌ててネットで購入しなくても良かったかなぁ…

実際に売場で手に取って確認し、他と比較してみると面白いかもしれませんね。

着火剤

着火剤は文化たきつけを購入しました。

素早く火起しができるとネットで好評だったのが購入の決め手です。

初心者や火起しが苦手な方におすすめとのコメントもありました!

18本入りでお値段もお手頃です。

実際に使用した夫はやりやすい!簡単に火がついた!安いしコスパ最強!と言っていました(笑)

他の着火剤だともっと大変なのかな…と疑問に思ったので今度試してっ見ようと思います!

ラック

キャンピングムーンのフィールドラックを購入しました。

購入理由は下記の2点。

  • 荷物を地べたに置きたくない
  • 熱いものも置ける台が欲しい

耐荷重30kgと丈夫で、縦積みも可能なので2つ購入し積んで使用する方もいるみたいです。

ちなみに購入の決め手は『価格』です。

ニトリや他のアウトドア用品店にも同じような商品があるので比較してみてください。

購入してから後悔した点は、折り畳んだ時に脚がブラブラしてしまうこと…実物を見ないで購入したので気が付きませんでした。

持ち方によっては勝手に脚が開いてしまうので子供が持つ際など注意が必要です。

保冷剤

保冷剤はLOGOSの倍速凍結氷点下パックを購入しました。

購入の決め手は『機能性』です。

保冷剤をケチって食材が腐った…なんて失敗は嫌だったので、ここは機能性を重視しています。

従来品に比べ凍結速度が約半分と早く、マイナス温度帯の持続力もあるようです!

Mサイズの保冷剤が2つ入っていて、バーベキューで使用した際もしっかり冷やしてくれていました。

バーベキューでは問題ありませんでしたが、キャンプだともっと数が必要なのかな…

焚き火台シート

焚き火台シートはFieektyの焚き火台シートを購入しました。

購入の決め手は『サイズ』と『価格』です。

焚き火台シートはどうして必要なの?と思っていましたが、とても重要な役割があることを知りました。

  • 火の粉が飛んで火事になるのを防ぐ
  • キャンプサイトを汚さない

安全面だけでなく環境やマナーを守るためだったんですね…知ることができて良かったです!

直火での焚き火禁止のキャンプ場も増えているようなので、用意しておくと良いでしょう。

まだ使用していないので、使用したら感想をお伝えします。

収納ボックス

ワットノットのワンタッチバケットを購入しました。

初めてのバーベキューで、細々した道具が多く運ぶのも探すのも面倒に感じてしまいました…

皆はどうしているのか知りたくて、色々と探していた所この収納ボックスを発見!

道具がスッポリ入るので、あちこちに散らばることなく利用できて便利です。

側面のポケットやリングも付いているので細かな道具の収納もバッチリ。

使用しない時はコンパクトに折りたためるので場所を取りません。

道具を一気に持ち運べるとストレスにもならず良いですよね!

収納トートバッグ

キャプテンスタッグの大型収納トートバッグを購入しました。

ヘキサステンレスファイアグリルやファイアグリルテーブルを一気に収納できる位大きなバッグです。

購入時の箱のまま保管していましたが、見た目も悪く持ち運びも大変…

使用する度に箱もボロボロになるので持ち運びしやすいトートバッグに変更しました。

Lサイズを購入したので大物を入れてもまだまだ余裕ですが、もう少しピッタリサイズのバッグを選べばよかったかな…

また、詰めすぎると重くて運びにくくなるので気をつけようと思います。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,803 (2023/12/04 12:26時点 | Amazon調べ)

ペグハンマー

ペグハンマーはキャンピングムーンのペグハンマー「蝮」を購入しました。

購入の決め手は『価格』です。

タープやテントを設営するためにと思い購入したのですが、まだ使用していないのでこちらもまた後日感想をお伝えします。

初心者は高い用品には手が出しにくい?!

今回紹介した商品以外にも、トングやお皿、まな板などなど細々した商品も揃えました。

アウトドア用品店に行くと本当に値段がピンキリで…正直、この値段には手が出せない!なんて思った用品も。

ずっと使用するのであれば購入して良いのかなぁ…と思う反面、ハマらなかったら?1回で終わったら?なんて考えると高い商品には手が出ず。

とにかく機能が良いのはもちろん、値段も可愛い用品をと夫が頑張って情報収集していました。

値段が安いから使いにくい、すぐダメになる、なんてことはないしコスパも大切。

お手頃価格の用品を買い揃えましたが、不満点もないし、全く問題なく使用できていますよ。

使用していくうちに、こんなものがあったら良いな、この機能もほしいな…など出てきたらグレードアップを検討しようと思っています。

一気にそろえると、一気に諭吉も飛んでいくので情報収集は重要ですね。。。

これから新たに買い足したいアウトドア用品

アウトドア用品を揃えてからバーベキュー4回、デイキャンプもどき1回とまだまだ初心者な我が家。

そんな我が家がデイキャンプのリベンジに向け新たに欲しい!買い足したい!と思っているアウトドア用品を紹介いたします。

デイキャンプもどきの理由についてはこちらをご覧ください↓

ケトル

私の憧れは、夜に星を見ながら皆でカップラーメンを食べることと、焚き火を見ながらコーヒーを飲むこと!

そのため、焚き火台やバーナーでお湯を沸かすためのケトルが欲しいんです。

たくさんのケトルがあるのでどれにしようか悩んでいるけど、近いうちに購入したいなぁと思っています。

マグカップ

コーヒーを飲むためにマグカップも必須です。

ステンレス製で取っ手がループに吊るせるような仕様とか、いかにもアウトドアって感じですよね(初心者の安易な発想)

オシャレで可愛いマグカップを全員でお揃いにしたいなぁ。

テント

ゆくゆくはキャンプもしたいのでテントの購入はずっと悩んでいます。

見れば見るほど迷ってしまうのでなかなか決められず。

来年には購入したいと考えていますが、まずはまだ1度も開いていないタープを組み立てなきゃ(笑)

バーナー

お湯を沸かしたり、調理したりできるようバーナーがあると便利そうですよね。

焚き火台でもできますが、火力が安定しないので大変で効率悪い場合があるのでバーナーも検討中。

まずはシングルバーナーを購入して使用してみたいなぁ。

メスティン

お米も炊いてみたいので、次回のアウトドアまでにメスティンの購入を検討中。

お米が周りにくっついて洗うのが大変ってコメントをよく見るので、色々と調べて探してみようと思います。

ランタン

夜に明かりを灯すのに必要なランタン。

スマホの明かりでは雰囲気がでないし、やっぱりランタンが欲しい!

ランタンもオシャレなものが多いので、家族皆が納得いくデザインが見つかるといいなぁ。

アウトドア初心者が購入した用品【まとめ】

今回紹介した用品はどれも初心者でも使いやすく、手が出しやすいアイテムだと思います。

私達も初心者なので、実際に使用してなにこれ?不便・使いにくいなどの感想はなく、スゴイ!簡単!これがアウトドアか!と感動してばかり(笑)

今は使い勝手が良いのか悪いのかもわかりませんが、不自由なく使用できています!

これから使用頻度が増えるにつれてマイナスな感想も出てくるのかな…?

もし、今後もっとこういう機能が欲しい!買い替えよう!など出てきた際は、またブログでお伝えいたしますので楽しみにしていてください。

【キッチン戦隊クックルン】過去のレシピ本
アウトドア
スポンサーリンク
シェアする
おきくをフォローする
おきくの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました